安座間美優 32歳の初写真集に笑顔「私って“持ってる”かも」

2019年03月21日 15時03分

写真集発売イベントを行った安座間美優

 雑誌CanCam専属モデルを経て、Oggi、美的、BAILAなどで活躍するトップモデルで、女優として特撮ドラマ「美少女戦士セーラームーン」(TBS系)に出演した安座間美優(32)が21日、都内で初写真集「Mew」(ワニブックス)の発売記念イベントを行った。

 小学4年でデビューして23年間、業界のトップを走り続けてきた。安座間は「ずっと写真集をやりたいと言っていたけど、オファーがないまま30歳を過ぎたので、もう夢を諦めていた。そこに話がきたので、32歳にして何で今さら? と最初はドッキリかと思った。ぜひ、と二つ返事で引き受けて、出すからには今までになかった自分を見せたいと考えた。新しい自分を見せられたかな」と、満足げな笑みを浮かべた。

 自分の殻を破るべく、初めてのランジェリー姿に挑戦。さらには、ドッキリ番組よろしく、スタッフが内緒でホテルの部屋に侵入し、寝起きのすっぴん撮影を敢行するなど、新しい企画に体当たりで挑んだ。

「撮影は石垣島。私は那覇育ちだけど、行ったのは小学生以来かな。スタバもできて都会になっていたことに驚いた。私は雨女でずっと雨の予報だったが、初日にすごく晴れて、私って“持ってる”と思った。30歳を過ぎた大人の自分、若さだけじゃない女の魅力を見せられたらいいなと思う」

 この日、東京は雨がやんで、すっきりと晴れ、桜が開花した。安座間は「今日は雨でダメかもと思っていたけど、やっぱり私って“持ってる”かも」と上機嫌だった。

関連タグ: