平野ノラ 下着姿でランウェイ登場「男性の見る目が変わった」

2019年03月19日 20時55分

平野ノラ

 バブリー系お笑いタレント・平野ノラ(40)が19日、都内で行われたノンワイヤブラ「Date.」新CM発表会(ワコール主催)に出席し、下着姿で華麗にランウェイを駆けた。

 抜群のスタイルで、無数のフラッシュを浴びた平野は「まさか平成の最後に下着姿でランウェイを歩くとは、思いもしなかった。“平野ブラ”になって帰ってきた。男性の見る目が変わったのが分かった。下から上までなめ回すような感じで。ありがたかった」とツンと張った形の良い胸を張った。

 続けて「鏡の前でポーズをチェックしたり、寝る前にイメージトレーニングしてきた。今度はミラーボールの中で、もっと長いランウェイステージを一枚ずつ脱いで歩きたい」と笑みを浮かべた。

 名脇役の故蟹江敬三さん似で知られる平野だが、女性を象徴するブラジャーのCMに出演できたことが、よほど自信になったようだ。

「ニースで撮影というのが、さすがワコールさん、景気がいいなと思った。私もいかにも芸能人という感じがして、平成最後に上り詰めたなと思った。バブリーで夢のようだった。うれしかった。現地はずっと曇っていたのが、撮影の日だけ晴れた。ニースに歓迎されているようだった。きっと商品の魅力を皆さんに届けられると思う」とまくし立てた。

 CMは4月12日から放送開始。また、同社では製品の発売を記念して、オリジナルテレホンカードが100人に当たるキャンペーンを実施中だ。平野は「この時代にあえてテレホンカード。ぜひ公衆電話に行って、シモシモ~と電話をかけてもらいたい。エッジが利いているでしょ」とアピールした。