爆笑・田中 巨人の注目ポイントは「丸と長野でしょ!」

2019年03月20日 11時00分

田中(左)と尾関

 お笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二(54)が、プロ野球大好き仲間によるイベント「田中裕二の野球部 予想編」を18日、東京・武蔵野市のスターパインズカフェで開催した。大の巨人好きで知られる田中は「まさか仲間内でやっていた『野球部』が10年も続くとは思ってもいなかった」と喜びを語り、今シーズンの巨人への期待などを語った。

 プロ野球大好き芸人の田中が、友人たちを自宅に招いて開催していた超プライベートな“部活”の「~野球部」が10年を迎えるビッグイベントに成長した。この日行われた「予想編」はセ・リーグ、パ・リーグの順位予想はもちろん、首位打者やホームラン王など、あらゆる個人タイトルの予想で、野球好きにはたまらないイベントだ。

 出演する芸人は田中のほか、ねづっち、「ザ・ギース」の尾関高文、元高校球児の「まんじゅう大帝国」竹内一希。さらに放送作家の高橋洋二氏、猿橋英之氏、雑誌「モーニング」の鯉渕庸彦、志保夫妻など、バラエティーに富む部員が在籍している。

 イベントは、集まった観客たちの「ぶちょー!」という掛け声でスタート。大の巨人ファンである田中は、巨人のビジター用ユニホーム姿で登場。「原辰徳が帰ってまいりました! 楽しいね~、この時期が」と満面の笑みで一足早く開幕宣言した。

 田中のセ・リーグ優勝予想はもちろん巨人だ。広島大好き芸人である尾関が「広島の4連覇。日本シリーズ優勝が目標なので、セ・リーグ制覇は通過点です!」と言えば、田中は「通過点って! 昔の広島じゃ考えられないよ」とツッコミを入れた。さらに個人タイトルでも部員たちの順当予想、ひねった一発狙い予想などが飛び出し、会場は大いに盛り上がった。

 イベント終了後、本紙の取材に応じた田中は「まさか10年続くとは思っていなかった。感慨深いものがありますね」。だが今シーズンの巨人についての話になると、真剣そのもの。注目ポイントは「何といっても、丸と長野でしょ!」。広島から巨人にFA移籍した丸佳浩外野手と、その人的補償で広島に移籍した長野久義外野手の2人を挙げた。

 この両チームは今月29~31日、マツダスタジアムで行われる開幕3連戦でいきなり激突する。

 田中は「開幕戦でどういうふうになるのか。丸が打席に入って、長野がセンターを守っているところを想像するとねえ。巨人はFA選手がいっぱいいるけど、いい意味でそのFA選手たちの出番がないぐらいに若手が出てきてくれれば」と、若い選手の成長に期待していた。

 この「~野球部」の模様はプロ野球開幕に合わせ、東スポWeb内の特設ページ「タイタン×東スポ!」(仮)で特別版を独占配信することが決定。田中は「東スポで競馬の連載を14年やらせてもらってるけど、この前、草野仁さんに『田中さん、東スポで14年競馬の連載するなんて、こんなにすごいことないよ!』と言われた。それでこの『野球部』でも縁があって。楽しんでもらいたいね」と抱負を語った。