小倉智昭 はかま姿での小学校卒業式に疑問「なんで普段着もしないはかまを…」

2019年03月19日 11時43分

小倉智昭

 19日のフジテレビ系「とくダネ!」は、小学校卒業式にはかま姿で出席することに賛否両論が起こっている話題を取り上げた。

 宮城県のある小学校では昨年3月の卒業式に女子の9割がはかまを着用した。

 人生の節目イベントに服装の自由を認める声がある一方で、経済的な事情から、すべての子供がはかまを買えるとは限らず、自粛を求める自治体もある。

 着付けや髪形のセット代を含めると、総額数万円がかかるためだ。

 MCの小倉智昭(71)は「ボクははかまを着てもいいと思う。ただ、なんで普段着もしないはかまを卒業式で着なきゃいけないのと思いますけどね」と疑問を呈した。

「東京の小学校とかではかまを着るお嬢さんいるの?」と首をひねり、時代によって二転三転する風習もやゆ。

「面白いよね。みんな同じものを着たほうがいいからって制服が生まれて、画一的だって洋服が自由になって、自由になったらダメだから制服を着せたらどうかってなんなんだ? 卒業式で個性を発揮したってしょうがない」と話した。