たけし「やけに落ち着いていた」 ピエール瀧容疑者「アウトレイジ」撮影時を回想

2019年03月16日 22時30分

ビートたけし

 本紙客員編集長のビートたけし(72)が16日、キャスターを務めるTBS系「新・情報7daysニュースキャスター」で、コカインを摂取したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕されたピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)について言及した。

 番組では、日本中を驚かせた瀧容疑者の逮捕をトップで取り上げた。たけしにとっては、自身がメガホンを取った映画「アウトレイジ 最終章」に出演しており、なじみのある人物である。

 最初の撮影が瀧容疑者の出演シーンだったそうで「やけに落ち着いていて、すごいなと思った」と当時を振り返った。たけしによれば「普通は、ベテランでも最初は(セリフを)かんだりしてOK出ないんだけど」という。

 瀧容疑者に関しては「20代のころからコカインや大麻をやっていた」などと供述していることが分かっているが、たけしは驚くほど堂々とした演技とあって「あの時もアレかな…」と複雑な表情でつぶやいた。