“麿さま”登坂淳一アナ 遠距離恋愛実らせ菅野美穂似の一般女性と結婚

2019年03月15日 19時57分

登坂淳一アナウンサー

“麿さま”の愛称でアイドル的人気を誇った元NHKの登坂淳一アナウンサー(47)が、30代の一般女性と結婚したことが15日、わかった。所属のホリプロがファクスで発表した。

 お相手は北海道在住。登坂がNHK札幌放送局に勤務していた2010年夏に出会ったという。当時、それ以上の交流はなかったが、鹿児島放送局時代の17年5月に旅行で訪れた彼女と再会。夏から交際に発展。当初から「お互いに結婚を意識していた」とか。東京と北海道を行き来する遠距離恋愛で愛を育み、今月9日、都内の区役所に婚姻届を提出した。

 登坂によれば「年下であるが明るくて、面白くて、力持ち。健康的でハツラツとした女性」。マネジャーは「マイペースな登坂を彼女が引っ張っているような2人のバランスが、とてもお似合い」と話している。

 新妻は長身で目鼻立ちがハッキリしており「自称・菅野美穂さん似」とだという。同居はまだで、挙式・披露宴についてもこれから決める予定。妊娠はしていない。登坂は「お互い支え合い、笑顔あふれる明るい家庭を築けるように努力したい」と周囲に話しているという。

 なお、結婚会見の予定はないが、登坂は17日に出演するフジテレビ系「ワイドナショー」で、自らの口で結婚を報告する。

 登坂は1971年、NHK入局。東京アナウンス在職中は「おはよう日本」などを担当。18年1月に退職しフリーに転向した。