人気セクシー女優たちも感心しきり 童貞たちの恐るべき「自己発電力」

2019年03月15日 17時00分

小泉ひなた(左)が童貞にエールを送ると発電ペースが一気に上がった!

 これが本当の自家発電!? AVメーカー「ソフトオンデマンド(以下SOD)」とAbemaTV「DTテレビ」が14日、東京・渋谷区道玄坂で「童貞力発電で輝く!ホワイトデーイルミネーション」イベントを行った。

 DTテレビとは童貞の、童貞による、童貞のための番組。今回は「W(電力)=A(電流)×V(電圧)」をあえて「電力はAVでできている」と曲解し、童貞たちが人気セクシー女優の撮り下ろしVR動画を見ながら自転車のペダルをこいで自家発電に精を出した。

 気になる動画の内容だが、過激な性的描写はなく、頑張って発電を続けるとSOD専属女優の小泉ひなた(19)と七海ティナ(25)の2人がエロチックなキスをしてくれるというもの。VRの世界にすっかり没入した童貞たちは「おぉー」「ヤバイ」など素直すぎる反応を示した。

 さらに、イベントには小泉と七海も参加し、必死の形相で自転車をこぐ参加者のそばに立ってエールを送った。見事、余剰電力の発電に成功するとハート形のイルミネーションが点灯。記念にツーショット写真を撮ってもらい、お土産にSODVRゴーグルと童貞卒業グッズ(コンドーム)をもらった童貞は「臨場感と躍動感がすごくて、これはものすごくやりがいがありました!」と興奮気味に語った。

 一方で、童貞の奮闘ぶりを温かく見守った小泉は「イルミネーションが光ると皆さんが盛り上がってくれて、皆さんのお役に立てて良かった」とニッコリ。自身も童貞力発電を体験してみた七海は「途中からどんどんペダルが重くなって大変。童貞さんのエネルギーってすごい!」と感心しきりだった。