香取慎吾 日本初個展は異例づくめ「僕自身がアートの素材」

2019年03月14日 16時38分

日本での初個展を開催する香取慎吾

 元SMAPの香取慎吾(42)が14日、東京・江東区のIHIステージアラウンド東京で行われた個展「サントリー オールフリー Presents BOUM! BOUM! BOUM! 香取慎吾NIPPON初個展」(15日~6月16日)プレスプレビューに登場した。

 昨年9月にフランス・パリのルーブル美術館で初の個展を成功させた香取が、日本での初個展を開催。タイトルの「BOUM! BOUM! BOUM!(ブン!ブン!ブン)」はフランス語で心臓の鼓動を表す言葉で、個展ではルーブル展示作品に加え、新たに制作した絵画やオブジェなどを展示する。会場も客席が360度回転するという日本で初の劇場で、この特性を生かした演出も注目となっている。

 香取は「いよいよこの時が来ました。すごくドキドキ、BOUM! BOUM! しています」と緊張の表情。

「昨日の夜中まで、この劇場で絵を描き続けていまして、ほぼ完成しました。これからもちょっとずつ絵を描いて展示していこうかなと、変化していくのも面白いと思っています」と最後まで「未完成」であるという“異例の構想”を明かす。

 日本で初個展については「一人の男の夢がかなう瞬間を見てほしい。(今の言葉)かっこいい~」とちゃめっ気を見せた。

 展示物を鑑賞する前に流されるオープニングムービーも香取ならではのユニークな仕掛けがある。

「最初の映像作品は僕のやりたいことが全部詰まっている。ステージの幕が開く前のオープニングムービー。最高潮まで気持ちを上げてもらって、そこで絵を見てもらいたいですね」

 アーティスト活動が本格化する香取は「描きたい思いを終わらせるのが大変でした。今(報道陣の)皆さまにオープニングムービーを見ていただいたんですが、音で変更したい部分があったので、明日までに変えると思います」と並々ならぬ意欲を明かす。

 仲間である草なぎ剛(44)もこの日、鑑賞に訪れていて「取材があると話したら、つよぽんが『じゃあ、様子を見てるよ』と後ろにいました。なんかプロデュースされている気持ちでした」と苦笑い。

 最後には「僕はアイドルなんで、僕自身がアートの素材なんです。僕のすべてを見てほしい」と訴えた。