竹島宏 演歌だけど激しくダンス「踊らされちゃいました」

2019年03月13日 17時41分

竹島宏

 演歌歌手・竹島宏(40)が13日、都内で新曲「噂のふたり」の発売記念イベントを行った。

 爽やかな恋の駆け引きをアップテンポに仕上げた楽曲で、最大の見どころはイントロから歌い終わるまで繰り広げる激しいダンスだ。昨年リリースしたシングル「恋町カウンター」でも歌いながらダンスを見せており「今年はもう踊りませんと言ってきましたが、結局、踊らされちゃいました」と前作以上のダンスをファン200人の前で披露した。

 歌い終わった後には「ハァハァ」と息を切らすほどのダンスになった今回の新曲。「振り付けの先生が『前作を超えるようなものにしよう』と話し合って、超えるにはどうしたらいいのかと考えたら、動きが激しいものにしようとなった」と経緯を説明した。

 息切れしないためには「実践トレーニングを積み重ねるだけ」と心に決めている。「前作もそうでしたが、初めはアタフタでしたが、やっていくにつれ、呼吸するタイミングや下半身の筋肉、柔軟性がついてくる。そうなれば良くなってくるはず」と話した。

 竹島にとっての目標は紅白出場。「今年の大みそかくらいには、息切れしないで歌えるようになりたいですね」と目を輝かせた。