“裸芸”かぶりで一触即発も…原田龍二がダチョウ倶楽部入り志願

2019年03月13日 16時30分

混浴が実現した原田龍二(右)とダチョウ倶楽部・上島竜兵

 元祖熱湯風呂芸人と温泉俳優が“奇跡のコラボ”だ。12日に都内で「BIGLOBE 温泉大賞」授賞式が行われ、お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」、俳優の原田龍二(48)、タレントの壇蜜(38)が登場。熱湯風呂が鉄板ネタのダチョウ・上島竜兵(58)と、旅番組で全国の温泉をめぐり温泉俳優と呼ばれている原田の混浴が実現した。

 原田と壇蜜がトークショーを行っていると、ダチョウが乱入。上島、肥後克広、寺門ジモンの3人の標的は温泉番組で人気の原田で、「ポンポン裸になりやがって! 俺らの仕事がなくなるんだよ」「営業妨害だ!」などと怒りをぶちまけた。

 いざこざの末に、壇蜜との混浴をかけた温泉プレゼン対決に発展。ダチョウに軍配が上がり、上島は目隠しをして風呂の中で待っていたところ…横にいたのは壇蜜ではなく、裸の原田だ。上島は「何か脚が毛深いと思ったんだよ」と怒りだしたが、結果的に原田とキスをして仲直りというお決まりの展開に。上島が「(原田の肌は)ピチピチだった」と持ち上げれば、原田も「大御所の感触だった。いい肌をされていた」と上島をヨイショした。

 温泉番組など近年は“裸芸”が増えている原田は「名前を変えようと思っている。裸龍二」とニヤリ。さらに「(ダチョウの)第4のメンバーにしていただきたい」と懇願した。思わぬラブコールを受けた上島は、即座に寺門の方を向いて「悪いけど(トリオから)抜けてくれる?」と脱退を促していた。寺門が拒否したのは言うまでもないだろう。

 一方、壇蜜は目前に迫ったホワイトデーについて「仕留めたい方に(気持ちを)チラつかせてみたけど、いい結果が来るかどうか。今日の時点で何も連絡がないということは脈がないのかも」とションボリしていた。

「BIGLOBE 温泉大賞」は一般ユーザーがこれまで訪れた中で良かった温泉地、温泉宿を投票。温泉地部門の東日本では草津温泉(群馬)、西日本では別府温泉郷(大分)がそれぞれ首位に輝いた。