“温泉俳優”原田龍二がダチョウ上島と裸共演 互いに「いい肌」怪しい雰囲気に

2019年03月12日 16時13分

原田(前列右)と上島の混浴が実現

 お笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」(肥後克広=55、寺門ジモン=56、上島竜兵=58)、俳優・原田龍二(48)、タレント・壇蜜(38)が12日、都内で行われた「BIGLOBE みんなで選ぶ 第11回 温泉大賞」授賞式に出席した。

 一般ユーザーがこれまで訪れた中で、良かった温泉地や温泉宿を投票。温泉地部門の東日本では草津温泉(群馬)が11年連続で、西日本では別府温泉郷(大分)が4年連続で、それぞれ首位に輝いた。

 授賞式では、熱湯風呂が鉄板ネタの上島と、旅番組で全国の温泉を巡っている原田の混浴が実現。原田は上島の肌触りを「大御所の感触だった。いい肌をされていた」とヨイショし、上島も「ピチピチだった」と持ち上げた。2人の間にミョ〜な愛情が生まれつつあったため、肥後は「違う話になるだろ!」とツッコんだ。

“温泉俳優”の愛称があり、近年は“裸芸”が増えている原田は「名前を変えようと思っている。裸龍二」とニヤリ。さらに「(ダチョウの)第4のメンバーにしていただきたい」と懇願した。ラブコールを受け、上島は寺門に「悪いけど(トリオから)抜けてくれる?」と脱退を促し、笑いを誘った。

 一方、壇蜜は目前に迫ったホワイトデーについて「仕留めたい方に(気持ちを)チラつかせてみたけど、いい結果がくるかどうか。今日の時点で何も連絡がないということは脈がないのかも」とションボリしていた。