AKBグループが復興支援特別講演 柏木や大家ら16人参加

2019年03月11日 21時13分

AKB48 (C)AKS

 東日本大震災から8年を迎えた3月11日、AKB48グループが全国の劇場で「東日本大震災復興支援特別公演~誰かのためにプロジェクト2019~」を開催した。

 同グループは2011年3月の震災発生直後に「誰かのために」プロジェクトを発足。義援金の寄付や通園・通学の送迎用車両などを寄贈したほか同年5月の岩手県大槌町、山田町を皮切りに復興支援ライブをスタートした。2日には通算69回目となった被災地訪問で岩手県大槌町、宮城県石巻市、福島県南相馬市の3か所を訪れた。

 この日、東京・秋葉原にあるAKB48劇場で行われた復興支援特別公演には柏木由紀(27)、大家志津香(27)、高橋朱里(21)ら16人のメンバーが出演。アンコール後、高橋は「東日本大震災から8年がたちました。私たちは『誰かのためにプロジェクト』を立ち上げ、復興支援活動を行ってきました」と報告。福岡聖菜(18)は「さらなる復興のため、明るい未来への思いを込めてこの歌を歌います」と、16人全員で復興支援応援ソング「掌が語ること」を熱唱した。

 歌唱後、福岡が「被害に遭われた皆さま、その家族の皆さま、被災地が一日も早く復興できるようにお祈り申し上げます」と話すと、会場からは温かい拍手が起こった。

 当日の収益の一部は、被災者支援を目的として日本赤十字社へ寄付される。また、公演前には、佐々木優佳里(23)、久保怜音(15)ら6人が義援金を呼びかけた。