Koki,関西初のイベントで言い間違え連発「556の肉まん?とか好き」

2019年03月07日 15時34分

BVLGARIのイベントに出席したKoki,

 俳優・木村拓哉(46)の次女で、モデルのKoki,(コウキ=16)が7日、大阪市内で行われた「BVLGARI『ビー・ゼロワン』コレクション生誕20周年アニバーサリーイベント」に出席した。

 昨夏からブルガリのアンバサダーを務めるコウキは、シルバーのビスチェドレス、ピンヒールを履き、「ビー・ゼロワン」の新作コレクション10点を身につけ登場。20周年イベントにからめ、司会者から20歳になった時の理想像について問われると「もっと経験を積み、ブルガリにふさわしいエレガントで、心が強い女性になりたい」と語った。

 2月19日にローマで行われた20周年記念イベントにも出席し、各国のブルガリアンバサダーと交流を深めた。その際に、ブルガリ本店も訪れたそうで「エリザベス・テイラーさんが身につけていたネックレスを手に取らせていただき感動しました」と喜んだ。

 初めての大阪の印象については「活気にあふれていて、人々がパッショネートで優しいイメージ」とニッコリ。続けて、「食べ物もすごくおいしい。556の肉まん?とか、おだしで食べるたこ焼きなどがすごい好きです」と、大阪名物・551蓬莱の豚まん、明石焼きを言い間違えるなど、ちゃめっ気たっぷりな一面も見せた。