足立梨花“ちっぱい”指摘され「コンプレックスのかたまり」

2019年03月07日 14時28分

“ちっぱい”ネタに大笑いの足立梨花

 タレントで女優の足立梨花(26)が「PARCO SWIM DRESSキャンペーン」のモデルに起用され、7日に都内で行われた発表会に登場した。

 水着の撮影は意外にも「4年ぶり」という。「そんなにたっていたんだとビックリ」と目を丸くした。

 貧乳をネタにしていることでも知られる。

「プライベートで水着を選ぶ時は胸が盛れないとイヤ。小っちゃいので。“ちっぱい”。私はお尻で売らせていただいている。(なので胸は)どうしても大きく見せたい。その点、(撮影で着た)白の水着は奇跡の谷間ができている」と熱弁した後、我に返り「パルコさん、ごめんなさい」と頭をかいた。

 報道陣に“ちっぱい”について再度指摘され、「コンプレックスのかたまり」とまたまたトーク全開。これまでのグラビアでも「胸メイン(の撮影)は、ほぼほぼなかった。お尻(強調)で振り向き(ショット)が多かった」と振り返った。

 同キャンペーンでは、2009年に女優の佐々木希(31)、10年に桐谷美玲(29)がそれぞれモデルを務め、いずれも結婚して幸せをつかんでいる。

 足立も「早く(結婚が)来るといいな」と思いをはせ「30(歳)までにはしたい。もうそろそろ出会っていないとヤバい」と焦っていた。