“景気応援”アイドルユニット「街角景気☆JAPAN↑」は“スカートなし”デビュー

2013年04月05日 20時01分

左から黒木ひなこ、森カノン、桜雪、天木じゅん

 株価でスカートの長さが変わる“景気応援”アイドルユニット「街角景気☆JAPAN↑」が7日、東京・秋葉原の常設劇場「P.A.R.M.S」の1部と2部公演でデビューする。メンバーは現役東大生・桜雪(20、スチームガールズ)、森カノン(23、アリス十番)、黒木ひなこ(16)、天木じゅん(17)。現在、高校生の黒木と天木は「ぱー研!」研究生だが、このユニットでステージデビューとなる。

 平均株価によって「ミニ」「ミドル」「ロング」「アルティメット」までスカートの丈が変わることを公式HPで公表。株価1万2000円台ならミニスカート、1万3000円台ならスカートなし(アンダーのみ)と記しており、株価と連動する“スカートの丈”がどうなるか注目が集まっていた。

 日経平均株価は、5日午前に1万3000円台を回復したが、後場になって伸び悩み1万2833円64銭で取り引きを終えた。このため「スカートなし」は持ち越しかと思われたが、同ユニットのメンバーらがツイッターで「スカートなし」と発信、所属事務所アリスプロジェクトも本紙の問い合わせに「(1万3000円台になったため)スカートなし」でのデビューを認めた(握手会を兼ねたグッズ販売、チェキ撮影などは不明)。

 「街角景気☆JAPAN↑」は6日の「情報7days ニュースキャスター」(TBS)で取り上げられる予定だ。アベノミクスを意識した1stシングル「アベノ☆MIX」は4月17日発売される。