ボイメン小林豊「ミナミの帝王ZERO」主演 作画担当も納得のこだわり演技

2019年03月05日 05時00分

「ミナミの帝王ZERO」に出演する(左から)勇翔、水野勝、本田剛文、小林豊、辻本達規、吉原雅斗、田村侑久

 名古屋発のアイドルグループ「BOYS AND MEN」(ボイメン)の小林豊(29)が、関西テレビのローカルドラマ「ミナミの帝王 ZERO」(4月25日スタート、木曜深夜0時25分)で主演を務めることが分かった。同局が4日、発表した。

 週刊漫画ゴラク連載中の人気漫画「ミナミの帝王」(原作・天王寺大氏、作画・郷力也氏)のドラマ化。小林演じる主人公・萬田銀次郎が、どのような生い立ちで、なぜ「ミナミの鬼」とまで呼ばれるほどの金貸しになったのかを描く。

 役づくりのため、原作漫画を読み込んだという小林は「作品のイメージを崩したくないなと思ったので、漫画のシーンを大事にして演じています。たとえば眼鏡を取るしぐさとか、しゃべっているときの手の動きなど、原作のファンの方にも『あのシーンだ』と喜んでもらえるよう演じました。いつか成長したら、あの萬田銀次郎になるだろうなと想像してもらえるよう意識して演じています」。撮影現場を訪れた郷氏も思わず「あ、銀次郎や」とつぶやいたという。

 見どころについて小林は「萬田銀次郎は強い人間というイメージがあると思いますが、このドラマでは金貸しになる前の道のりを描いているので、弱い部分も見せています。親を愛しているからこその復讐心や、恋愛の苦しみといったラブストーリーの要素もあります。強い部分だけじゃなく、銀次郎の様々な感情や表情を見ていただきたい」とアピールした。

 また、ドラマでは父親の死でドン底に追い込まれた銀次郎がある老人に助けられ、彼が組織したスペシャリスト集団「チーム銀次郎」から教育を受け、壮大な復讐を企てる。「チーム銀次郎」をボイメンの6人のメンバー(本田剛文、辻本達規、吉原雅斗、水野勝、田村侑久、勇翔)が演じることも発表された。