堀ちえみ 電話にチャレンジ「一生懸命になって、声を出していると、伝わるもの」

2019年03月02日 21時56分

堀ちえみ

 2月22日に舌がんの手術を受けたタレント・堀ちえみ(52)が2日、自身のブログを更新し、電話にチャレンジしたことを明かした。

 昨夜は急に耳が痛くなり、あまり眠れなかったそうで「痛み止めを入れていただき、やっと眠れたと思ったのも束の間。次は大量の汗をかいて、その後身体が冷えて、また目が覚めて着替えました」という。

 医師の診察を受けたところ、特に悪いところはなく「舌と首など切った所の痛みが、耳にくる事はたまにあるそうで、痛み止めを上手く使っていくしかないですね」とつづった。

 また「午前中、自宅に電話をしてみました」と報告。「喋れないけど、一生懸命になって、声を出していると、伝わるものです。ちょっとだけくもっていて、自分の声ではないみたい。でも馴染みのある声には違いない」と明かした。

 自宅では夫が、家事を頑張っているそうで、子供たちのために料理も作っているという。堀は「主人にありがとうを、いっぱい言いました。『ありがとう』は、もう完璧に喋る事が出来ます(笑)」とつづった。