新田真剣佑が父・千葉真一を超える日 マスク良し・演技良し・あとは代表作だけ

2019年03月01日 16時30分

イベントに出席した新田真剣佑

 俳優・新田真剣佑(22)が28日、都内で行われた「サマンサタバサ25周年記念スタート発表会」に参加した。

 同ブランドは3月1日から25周年イヤーを迎える。それを記念してロックバンド「GLAY」のTERUがアニバーサリーチャリティーソング「ONE―we are one―」を制作。さらに、25周年のテレビCMも披露された。

 真剣佑は黒のスーツで登場。これまでサマンサタバサとはさまざまな形でコラボしており「また何らかの形で、ご一緒できたら」と熱望した。

 アニバーサリーソングのタイトルにかけて、いまの“ナンバーワン”は何かと聞かれると真剣佑は、悩みながらも「仕事じゃないですかね」と回答。さらに「でなければ睡眠。あとは、おいしいご飯です」と語った。続けて「オンリーワン」を聞かれると「一つひとつの出会いを大切にしたいです」と笑顔を見せた。

 俳優の千葉真一の長男として知られる真剣佑は、端正な顔立ちと父譲りの身体能力、確かな演技力を併せ持ち、“高スペック俳優”などとも言われている。

 出版関係者は「昨年、ファッション誌のイケメンランキングで並み居る強豪をねじ伏せ堂々の1位となりました。今年も大きな注目を集めている。ファッション誌で真剣佑の特集を組めば部数は跳ね上がるので、『何とかして使えないか』というオーダーはあちらこちらから出てくる。ちょっとしたフィーバーですよ」と指摘する。

 近年では映画、ドラマと話題作に出演し続けている真剣佑。前出の関係者は「今はイケメンということで注目度が高いですが、もともと演技力は抜群。作品がハマれば手がつけられない存在になるはず」と語る。代表作に出会えた時、父を超える俳優になるかもしれない。