高木美保が淫行疑惑の田畑議員に激怒「周りに辞職を止めた人がいるならその人も同罪」

2019年02月28日 09時07分

変態議員の責任を追及

 28日のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は、元自民党二階派の田畑毅衆議院議員(46)に元女子高生との淫行疑惑が発覚したニュースを取り上げた。

 田畑議員は元交際相手の20代女性から盗撮、暴行疑惑で刑事告訴されたばかり。

 それでも自民党を離党するだけで済ませようとしていたが、週刊文春によって新たな醜聞が持ち上がったことで、さすがに逃げ場がなくなり、辞職を決意した。

 女優の高木美保(56)は「『おじさんだけど、いいかな?』ってメールが残っていることは、相手の女性が年下で、しかも制服を着た写真をアップしているということは、高校生であるということを認識した上でのこと。時効3年なのでもう過ぎたことではありますが、社会的責任としては過ぎたことには全然ならない」と断罪した。

 議員として国民の税金で生活しながら、裏では数々の変態行為を行い、快楽をむさぼっていた。

「単に離党で済ませて辞職までいかなかったっていうところにすごく問題もあると思っているし、周りに止めた人がいるなら、その人も同罪」と語気を強めた。

 一方、取材生活30年のテレビ朝日・玉川徹氏(55)は「辞職する前に会見を開いてください! 告発した元女子高生は『逃げ回ってないで話してください』と言っていた。国会議員って責任がある。1人1人が国民の代表。公費を使って議員やってきた。説明する責任を果たしてから辞めてほしい。許されません」と田畑議員の逃亡に怒りをあらわにした。