指原 ラストシングルのMV公開!歴史を感じる「AKB衣装3450着」用意

2019年02月26日 04時00分

AKB48の55thシングル「ジワるDAYS」ミュージックビデオより (C)AKS/キングレコード

 4月28日にAKBグループを卒業するHKT48の指原莉乃(26)のAKB48でのラストシングル「ジワるDAYS」(3月13日発売)ミュージックビデオ(MV)が26日、解禁された。

 昨年12月15日に行われたHKT48コンサートで、グループからの卒業を発表した指原。「AKB48選抜総選挙」での3連覇(通算4度の1位)は、もはや誰にも倒すことのできない金字塔になっている。

 そんな指原のAKBラストシングルは、意外にも総選挙の結果を受けたシングル以外では、初のシングル曲センターだ。

 別れの悲しみ、寂しさ、そして新たな旅立ちを祝うメッセージソング。ダンスシーンでは、指原の愛称“さしこ”にちなんで、これまでのAKB48の衣装“3450着”が用意されている。

 壁・床一面に飾られた数々の衣装は衣装スタッフ総動員による徹夜作業でセッティングされ、まさにAKBラストシングルとなる指原へのスタッフからの感謝、そしてAKBの歴史を感じることができる。

 振り付けも指原が大大大好きな猫をイメージした振り付けや、「恋するフォーチュンクッキー」「ハロウィン・ナイト」「LOVE TRIP」「#好きなんだ」とこれまで指原がセンターを務めた楽曲の振り付けが随所にちりばめられている。

 目を引く”指さし”の振りは、まさに「さっしー」の「さし」から。他にも指3本&4本の「さし」など、衣装&振り付けとまるで隠れミッキーを探すような楽しみが込められている。

 MVを見た指原は「不思議な気持ちです。『あ、卒業するんだな』って気持ちになりました。ここ最近のMVがダンスに重点を置いた作品が多かったので、久しぶりにメンバーみんなの顔が認識できてうれしかったです、みんながしっかり映ってましたね、今作」としみじみ。

 AKBのシングル曲としては最後のMVとなるが、指原は「この『ジワるDAYS』のMVが一番好きです。監督、スタッフの皆さんに感謝しています。撮影期間はずっと楽しかったんですけど、実は体調不良明けで、結構痩せてたんでラッキーでした(笑い)」と指原らしいコメント。3450着の衣装に囲まれた撮影については、「懐かしい気持ちになる衣装がたくさん飾ってあって、ファン仲間と盛り上がれる作品になっていると思います」と話した。

 また、同曲のジャケット写真、アーティスト写真も公開された。

 メインのジャケット写真は、指原のソロカットの「Type A 初回限定盤」。このセクシーかつ大人びた表情を引き出したのは、カメラマンの平間至氏だ。

 平間氏は、伝説の100万枚売れるごとにジャケ写を変えたという安室奈美恵の大ヒット曲「SWEET 19 BLUES」も撮影。「ドキッ」とするような瞬間を切り取った「神ポートレート」にメンバーからも大絶賛の嵐だったという。

関連タグ: