伊勢谷友介「常に一人だと未来が心配」 自宅に呼ぶ相手とは

2019年02月25日 17時01分

 俳優の伊勢谷友介(42)が25日、都内で行われた「ヱビス プレミアムエール」新CM発表会(サッポロビール主催)に出席した。

 同商品は深いコク、豊かな味わい、濃密な香りが特長で、26日に発売される。伊勢谷は「皆さんご存じの通り、ボクは独り者。家に帰ると趣味に没頭する。お魚と水草を部屋の中に飾り、それを眺めていじりながらビールを飲む。『お魚さん、水草さん元気かな。貝ちゃんはコケ取ってね』と言いながら」と、大人のぜいたくな時間を明かした。

 続けて「過去を後悔して未来を心配すると幸せになれない。今を楽しむことで幸せになれる。家の天井にはスピーカーが付いていて、部屋を暗くして、音楽をかけながらアクアリウムを楽しむ。常に一人だと未来が心配になるので、たまには友達も呼ぶけど」とジョークを交えて持論を述べた。

 伊勢谷といえば、俳優、映画監督、実業家として幅広く活動しながら、インドアではアクアリウム、アウトドアでは車いじりやスノーボードの趣味を持つ。特にクリエーターとしての才能を遺憾なく発揮したハイエースのカスタムでは名の知れた存在だ。

「昨日はスノーボードを午前中に切り上げ、温泉に入って夕方には帰宅した。夕食でこれをプシュッとやるのが最高だった。香りとコクが口の中に残って余韻がある。自分も余韻を楽しんでいただけるような俳優になれたら」。伊勢谷はそう語った。