【映画大賞】松坂桃李「孤狼の血」シリーズ化熱望「アウトレイジのように」

2019年02月25日 05時01分

「第28回東京スポーツ映画大賞」の授賞式(24日、東京・港区のグランドプリンス高輪)で、「孤狼の血」の演技が評価されて助演男優賞に選出された松坂桃李(30)は埼玉での舞台の千秋楽のため欠席。ビデオメッセージを寄せた。

「このたびは助演男優賞に選んでいただき本当にありがとうございます。本来ならばそちらにうかがうところだが、舞台の本番中でうかがうことができません。本当に申し訳ありません」と感謝と謝罪の気持ちを述べると、作品について「役者人生を歩んでいく中で大事な作品。いつかたけしさんのアウトレイジのようにシリーズ化されて、多くの人に見てもらえる作品になればいいと思う」と話した。

 たけしは「バイオレンスな映画は自分も撮ってるので興味がある。一番大切なのはセカンドから下の人で、主役は別にいい。(松坂は)きっかけを助演男優賞として、また違う役のスタイルでやっていただけたらと思う」とコメントした。

 松坂の代理として登壇した映画プロデューサー・紀伊宗之さんは「こうやって北野監督と同じ壇上にいてワクワクしている。今(孤狼の血の)続編をやっている。アウトレイジに負けない続編を作りたい」と意気込んだ。