水谷千重子 原田龍二に足首絶賛され“お色気”サービス

2019年02月22日 23時45分

水谷の足首を絶賛する原田

 女芸人・友近(45)の親友で大御所歌手の水谷千重子(年齢非公表)が22日、東京・中央区の明治座で「水谷千重子 50周年記念公演」(同所で3月4日まで)をスタートさせ、会見を開いた。

 水谷は「50年間、皆さんに支えられながらやってきて、あっという間だった。大変なこともあったが、今日もお客さんが喜んでくださり、やってきてよかった。友近さんからは『常に新しいものをやりたいのね。応援しているわ』とのメッセージをもらった」と話した。

 そんな水谷に食らいついたのが、共演の肉体派俳優・原田龍二(48)だ。原田は「稽古場から千重子先生のふくらはぎにやられちゃって。すごくいい。足首に見入っちゃった。すばらしい!」と絶賛。水谷が着物をまくって足首を出し、その色気に会見場は盛り上がった。

 また、あご勇(61)も「水谷先生は痩せられて、どんどん美しくなった。目が潤んでエロっぽい」と、水谷の色気を絶賛。水谷も「そう。半年前からね」とまんざらでもなさそうな表情を浮かべた。

 人生山あり、谷ありのごとく、太っては痩せるを繰り返している水谷は、半年前から歌と芝居の2部構成のこの豪華公演を乗り切るため、体を絞り込んできたという。

 水谷は苦労を表情に出すこともなく「皆が個性を出し切っている。本当に助けてもらっている。素晴らしいメンバーばかり。気力でやり切れるかな」と涼しい顔で語ったが、公演にかける思いは相当のものだろう。

 また、おいらん役の尼神インター・誠子(30)は「バラエティー番組ではブスと言われているのに、原田さんも田山涼成さん(67)も『かわいいね』と言ってくださって、ずっとここにいたい」と笑いが止まらない様子だった。会見には高橋ひとみ(57)、YOU(54)らも出席した。