つばきファクトリー・小片リサ「平成を代表するアイドルに!」

2019年02月22日 20時30分

デビュー2周年を迎えた「つばきファクトリー」

 ハロー! プロジェクトのアイドルグループ「つばきファクトリー」(リーダー・山岸理子=20、サブリーダー・小片リサ=20、新沼希空=19、谷本安美=19、岸本ゆめの=18、小野瑞歩=18、浅倉樹々=18、小野田紗栞=17、秋山眞緒=16)が22日、東京・江東区の新木場STUDIO COASTで春ツアー「つばきファクトリー ライブツアー2019 春・爛漫」をスタートした。

 デビュー記念日(2月22日)でのライブにメンバーたちもハイテンション。フォトセッションでデビュー2周年記念のサプライズケーキが運び込まれると「かわいい!」とメンバー全員が笑みを浮かべる。リーダーの山岸も「イェーイ!」とノリノリでメンバーをあおった。

 27日には5枚目の両A面新シングル「三回目のデート神話/ふわり、恋時計」のリリースが控える。今年をさらなる躍進の年にしたいということで、岸本は「必ず誰かの『好き』に引っかかるグループだと思うので、一度、会いに来てください!」と訴える。

 サブリーダー・小片は「今年が平成最後の年。『昭和を代表するアイドル』といえば、松田聖子さんとか、名前が挙がると思うんですが、私たち、つばきファクトリーも『平成を代表するアイドル』に名前が挙がるような存在に、少しでも近づきたいと思います」と意気込む。

 グループ初となる、フォトブック発売に加え、コラボカフェ「喫茶カメリア つばきファクトリーカフェ」(3月31日まで、原宿・AREA‐Q ANNEX)もオープン。レコ大最優秀新人賞獲得のグループが本格化の兆しだ。