長嶋一茂が南青山の児相建設反対派に怒り「私も一応、港区民。建てることに賛成」

2019年02月22日 10時19分

選民意識を断罪した

 22日のテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」は、東京・南青山の児童相談所建設問題を取り上げた。

 21日に4回目となる住民説明会が行われたが、またもや紛糾した。

 一部の参加者は「近隣に住んでる者の立場から言わせていただくと、周りを高い壁とか塀で囲っていただかないとちょっと不安になります」と話すなど、差別的な発言を担当者にぶつける一幕もあった。

 タレントの長嶋一茂(53)は「私も一応、港区民。建てることに賛成ですね」と前置きしつつ、反対派に言及。

「VTRを見る限り、とても理不尽な物言いに聞こえた。最近、子供の虐待とかある。ボクはそっちの方向性の人たちなんだなと思ってしまう。反対派の住民に関してはね」と児童虐待の親に例えて怒りをにじませた。

「子供は公共的な財産。自分の子だけじゃなく、人の子も何か困っていたら手伝うみたいなことを地域で、コミュニティーで思っていくのが本当のあり方」と指摘した。

 区は8月に着工を予定している。