「マキシマム ザ ホルモン」がフランチャイズ制導入 2号店メンバーはオーディションで決定

2019年02月21日 20時05分

フランチャイズ制導入を発表した「マキシマム ザ ホルモン」(左からマキシマムザ亮君、ナヲ、ダイスケはん、上ちゃん)

 4人組の人気ロックバンド「マキシマム ザ ホルモン」が21日、都内で「いい意味でも悪い意味でも驚愕的な発表(※一部の方にとって)」と題した緊急会見を開催。音楽業界で初の試みとなるフランチャイズ制を導入すると発表した。

 ボーカル兼ギターのマキシマムザ亮君(歌と6弦と弟)が日清食品の「カップヌードル コッテリーナイス」新CMのアウトサイダー広告代理人に就任。亮君が商品ごとに、購買層が異なる点に着想を得て、2号店の誕生で新たなファン層の開拓を狙う意図もあるという。

“本店”であるホルモンの原曲を自由に使用できる権利を与え、アレンジも可能な「マキシマム ザ ホルモン2号店(仮)」を誕生させる同企画。2号店メンバーは後日オーディションで決定するという。

 亮君は、「僕らの秘伝のスープ(曲)を自由に使っても、アレンジして使っていい」と話すと、ボーカルのダイスケはん(キャーキャーうるさい方)は、「アレンジして活動してもいいし、本店の正統な継承者としてそのままの味を受け継いでもいい」とした。

 現在、同バンドはダイスケはんが「頸椎椎間板ヘルニア」のため、ライブ活動を一時休止中だ。

 一瞬、解散か!?というムードも漂ったが、亮君は「僕らと同時に2号店も活動するってこと。地球上にもう一つ、別のホルモンができる。企画ものの期間限定じゃない」と強調。首にコルセットを巻いていたダイスケはんも「ライブ復帰に向けて、毎日リハビリに励んでいます」と話した。

 応募条件は、4歳以上、性別・人種・種族不問。プロ・アマ不問で、副業としての活動、他のバンドで活動しているミュージシャンでも応募可能。ただ、亮君は「せっかくなので、僕たちに似ている人はNG。僕らにない部分を持っている人がいい」とした。

 2号店は、すでに5月5日にさいたまスーパーアリーナで開催される音楽フェス「VIVA LA ROCK2019」への出演が決定済みだ。

 また、東京・八王子で結成されたホルモン。2号店にも活動拠点(都道府県のいずれか)が必要とし、抽選によって決定した都道府県では、向こう5年間は“本店”ライブを行わないと宣言。

 拠点は抽選で選ぶことになったが、詳細は25日にユーチューブ公式チャンネルで発表される。