坂口杏里さん ドアに指を挟んで骨折→手術へ

2019年02月20日 08時28分

インスタグラムから@anridayo33

 元タレントの坂口杏里さん(27)が19日、ツイッターを更新し、右手の指を骨折したことを報告した。

 骨折した際に腫れ上がった右手とレントゲン写真を投稿。

「ドアに指を見事に挟み、薬指と小指を、ぽっきんと折ってしまいました、、利き手なので何かと不便過ぎます、、指輪をしていて腫れ上がってしまい血が止まり、先生から指輪をペンチで取るとき麻酔の注射が痛すぎてギャンギャン泣きわめいたわ。笑」と当時の状況を明かした。

 薬指にはめていた指輪が折れ曲がるほどの衝撃で「近々かな、骨をくっつけるため手術…」と、外科処置も検討しているという。

 アーティスト、作詞家として芸能界復帰を目指す坂口さんは18日、「夜卒業まで1ヶ月きりました なのに閑散期?? 誕生日もあるのに、、明日辞めるかもしれないのに、、」と投稿。

「夜は完全に卒業。。長かった、色々。。卒業まであとわずか たくさんのお客様と女性もね! 話したいよ」などと卒業が間近であることをつづっていたが、骨折により残りのスケジュールの変更も余儀なくされそうだ。