尾木ママ 小中学校へのスマホ解禁を痛烈批判「信じられない愚策」「理解出来ません!」

2019年02月19日 15時52分

いじめを助長する

 教育評論家の尾木直樹氏(72)が19日、ブログを更新し、大阪府が小中学校にスマートフォンの持ち込みを認める方針を示したことに言及した。

 これまでの原則禁止から方向転換となる。

 尾木ママは「大阪 四月からスマホ持ち込み解禁 各市町村教育委員会や校長判断に任せる」と書き出し、容認による負の影響に強い懸念を示した。

「学校任せ 家庭任せ 子ども任せ なんと無責任 なんとSNSへの無警戒 子どもたちが責任持って管理できるとか いじめに使わないとか 学校でこっそり使わないとか 中学生が昼休みや授業中に使わないなんて」とつづった。

 原則、かばんの中から取り出さないなどの諸条件がついているが、尾木ママはルールは守られないと指摘する。

「大阪 教育委員会は本気で考えているのでしょうか! 尾木ママ理解出来ません!」と憤った。

「スマホ買えない家庭はどうするのかしら? 少し現実をシュミレーションすればあまりに現実離れ すぐ分かるのにーー」と嘆きは止まらず。

「フランスでは法律で禁止 スウェーデンでも禁止 大胆に持ち込み容認するなら学校でのスマホ教育を徹底することが不可欠であり大阪のように家庭へ丸投げなんて信じられない愚策と言わざるを得ないです!」と声を荒らげた。

 スマホの学校内持ち込みを巡っては、文部科学省も、解禁する検討を始めた。