高須院長 二階氏と文議長のツーショット写真に不快感

2019年02月19日 10時26分

高須院長

 高須クリニックの高須克弥院長(74)が19日、ツイッターを更新し、自民党の二階俊博幹事長(80)に言及した。

「天皇陛下の謝罪が望ましい」などと発言し、批判を浴びている韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長。

 日本政府は文議長に発言の撤回と謝罪を求めている。

 一方、二階氏は謝罪を拒否する文議長について「無視」と相手にしないことを表明した。

 その二階氏は昨年8月、韓国で文議長と会合していた。

 フォロワーからその時の画像を送られた高須院長は「不快であります。((T_T))悲しく思います」と失意を告白した。

 通信社が配信した画像には夕食を囲みながら固い握手を交わす様子が収められている。文議長は笑顔だ。問題発言とは時期が異なり、関連はないものの、友好ムードが漂い、フォロワーからはそれが今回、二階氏の反論を阻む原因になっているとの指摘があった。

関連タグ: