婚活サバイバル番組優勝!倉田茉美の芸能界入りを後押ししたオトコ

2019年02月18日 16時30分

倉田茉美

 今田耕司、指原莉乃らがMCを務めた婚活サバイバル番組「バチェラー・ジャパン シーズン2」(Amazonプライム・ビデオ)で優勝した倉田茉美(28)が、タレントのIMALU(29)が所属する芸能事務所「リトルトウキョウプロダクション」とマネジメント契約を結んだことがわかった。

 京都出身の倉田はイラストレーターとして活動。昨年5~6月に配信された同番組では1人の男性をめぐって20人の女性が争い、倉田はIT企業勤務・小柳津林太郎さんに選ばれ、晴れてカップルになった。

 芸能人や若い女性にコアな人気を誇る同番組の出演を機に知名度がアップ。倉田は「やはり少し環境が変わり、ありがたいことにメディアや表に立つ機会も増えてきたなかで、自分で判断できないことや間違った判断をしてしまうことがありました」という。

 救いの手を差し伸べたのが、交流のある手相タレントの島田秀平(41)。「アットホーム(な事務所)で、倉田さんに合っていると思います」と同事務所を勧められたという。島田のプッシュなら芸能活動の運気もグンと上がりそうだ。

 今後は「基本は文化人として」が軸で「芸能活動自体が本当にまだ未知な部分で具体的にはとても漠然としています」というが、タレント業にも挑戦する。

 一方、小柳津さんとは昨年9月に破局したと公表。別れた理由を改めて聞くと倉田は「双方の内側の部分なので詳細は話せません」と首を横に振りつつ「お互いをすり合わせ、歩み寄るところに至らなかった部分がたくさんあったと思います」と説明した。

 結婚願望は「したいというよりは、今後も大好きな人の傍らで年を取りたいなとはいつも思っています」。T160・B73・W63・H83のスレンダーなプロポーションでグラビアへの挑戦も期待できそうだ。

関連タグ: