中居正広が松本人志に“挑戦状” 春から新ワイドショーMC就任へ

2019年02月19日 11時00分

発言がニュースになっているダウンタウン・松本

 元SMAPの中居正広(46)が、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(55)に“挑戦状”を叩き付ける!? 中居がMCを務める「中居正広の身になる図書館」(テレビ朝日系、月曜午後8時)が今クールで放送終了すること(本紙既報)で波紋が広がっている。テレ朝はそのフォローとして中居がMCを務め、芸能ニュースや社会事件を取り上げるワイドショーを立ち上げる予定だという。そうなるとライバルとなるのが…。

 中居の「――身になる図書館」の後釜には、後輩グループ「Kis―My―Ft2」(通称キスマイ)が出演する「10万円でできるかな」(火曜深夜0時20分)が、ゴールデン帯に昇格することが本紙の先月報道通り、正式発表された。

 この舞台裏でテレ朝は中居の“処遇”に頭を悩ませていた。

「ゴールデンという時間帯に限っての話ですが、視聴者層は若年層や主婦が中心で、やっぱり若いジャニーズタレントの方が需要がある。中居さんはいまや大物でMCの実力も十分ですが、そういう能力がなくても、若いキスマイの方が需要がある。これが現実で、局としては同時間帯視聴率でトップを目指すのであれば、この番組編成は不可欠だった。ただ、中居さんを“切る”というイメージがどうしても拭いきれないですね」(テレ朝関係者)

 そのため、中居の番組が打ち切りになることが公になった直後、テレ朝は「この春から中居がMCを務める新番組を準備中」と補足。すぐさま中居切りではないと“火消し”をはかり、突貫作業で新番組の企画に着手することになったという。

 その結果、中居が慕うダウンタウン・松本がMCを務める「ワイドナショー」(フジテレビ系)のような「情報バラエティー番組」にすることで落ち着いたという。

「中居さんのMC力を生かして、様々なゲストを呼んで、ニュースを斬っていく。鮮度の高い情報を入れることで、フレッシュ感を演出する感じだと聞いています。今後の話し合い次第では芸能系のニュースを限りなく少なくして、社会、事件などを扱う硬派な感じの報道番組寄りになるかもしれない」とは前出の同局関係者。

 松本の「ワイドナショー」での発言は、芸能ニュースから社会事件まで、ネットニュースになることも多いが「松本さんと同じように、中居さんの新番組での発言が、媒体に取り上げられることも狙いの一つ。そうやってバリューを上げていきたいですよね」(前同)と、ご意見番としての中居の“VS松本”としての立ち位置を視聴者に意識付けしていきたい局側の意向もあるようだ。

 松本の「ワイドナショー」の日曜午前に対抗し、1日早い土曜日の昼に中居のニュースへの見解が毎週放送されることになりそうだ。

 ただ、放送時間帯はゴールデン帯ではなく「土曜日昼の関東ローカル枠が最有力」(前同)と、サイズダウン感は否めない。

 別の局関係者は「局側としてもギリギリの条件提示だったと思います。コストダウンを意識しながら、ジャニーズとの付き合いを考えると、これがベストでしょう」と苦しい内情を明かした。

 中居はSMAPの活動を通して仕切り役のリーダーを務めてきたほか、番組のMCとしていまや芸能界に確固たる地位を築いている。

「長い間、年収数億円を稼ぎ出してきたわりには庶民派でも知られるので、芸能ニュースだけでなく、社会事象に対しても視聴者の共感を呼ぶのでは。松ちゃんとは違った切り口で話題になるでしょう」(テレビ関係者)

“新ご意見番”として松本に対抗できるかが見ものだ。