稲垣&草なぎ&香取がファンミーティングで生歌披露 久々「アイドル気分」満喫

2019年02月17日 05時00分

左から香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛 (CULEN提供)

 元SMAPの稲垣吾郎(45)、草なぎ剛(44)、香取慎吾(42)が16日、都内で初のファンミーティング「NAKAMA to(と)MEETING_Vol.1」を行った。

 ジャニーズ事務所退所後、初となるファンミーティングの記念すべき1曲目は、昨年12月にデジタルリリースした「#SINGING」。直後のMCで稲垣が「何か、この感じ、久しぶりでウルッとした」とファンの前で歌う喜びを口にすると、香取は「1年前はこんなふうに歌うことも想像できなかった。皆さんがいてくれたおかげです」と感謝した。

 コンサートの要素もありながら、ファンミーティングらしいファンとの交流コーナーもあり、草なぎがサザンオールスターズ・桑田佳祐の全力モノマネを披露すると、会場全体が笑いに包まれた。終了後は3人で集まった8000人のファンの“お見送り”もした。

 囲み取材で香取は「言葉の感じから、もっと小さい会場みたいなところで、じゃんけん大会やポラロイド撮影をするものだと最初は思っていたので、会場に入った瞬間に『大きい!』と思いました」。歌を披露したことには「久しぶりに歌ってみて『アイドル・香取慎吾』って気持ちいいなと思いました」と笑った。

 最近では稲垣、草なぎが役者業で舞台や映画への出演が増え、香取は3月から個展「BOUM! BOUM! BOUM!」が始まるなどアーティストとしての活動が忙しくなっている。

 先日、主演映画「半世界」が公開された稲垣は「もちろん、これまで30年以上一緒にいて、それぞれを知っていたつもりだったけど、3人がより『個』としての輪郭がくっきりし始めているし、それを身近に感じていますね」とそれぞれのチャレンジを表現。

 ここで草なぎは「それぞれが舞台やったりしていて、僕は見にいってるんだけど、吾郎さんは見にきていない。ブログ見ていると『きょうはドライブです』とか書いてあって、だったら、来てよ!」と注文すると、稲垣は「自分の舞台(ベートーベン)で燃え尽きちゃって」と苦笑いした。

 今後3人は全国を回り、全22公演、動員は12万人以上を予定。今年も「新しい地図」旋風は続きそうだ。