坂上忍が不適切動画投稿のモザイク処理に不満「ああいうかばい方は納得いかない」

2019年02月15日 14時23分

タレントの坂上忍

 タレントの坂上忍(51)が、15日に放送されたフジテレビ系「バイキング」で、相次ぐ不適切動画の投稿に言及した。

 番組では、飲食店での従業員や客による“迷惑動画投稿”について、企業側の対応や、犯罪の有無について専門家を交えて詳報。その中で、回転ずし店で客がレーンを流れるすしを素手でつかみ、わさびを大量に入れる動画や、焼き肉店で客が網に酒をかけたり、乾杯してコップを割るなどの傍若無人な振る舞いを収めた動画が紹介された。

 すると、VTRを見た坂上は「本当にお昼にお見せするようなVTRではないと思うんですけど」と前置きした上で「いつも思うんですけど、あんな連中(迷惑行為に及んでいる人)の顔をモザイクで隠してあげちゃうのは、さっぱり分からない。ああいうかばい方っていうのは全然納得いかない」とモザイク処理について違和感を訴えた。

 モデルのアンミカ(46)はこれらの行為について「自分の行動が人にどんな影響力を及ぼすかという想像力とか、家庭の教育だけではもう追いつかない。そういったもの、国全体で上げていかないといけないと思う。お客さんは、お金払っているから何やってもいいということではない」と持論を語った。