友人2人を射殺逮捕の米注目ラッパー ヒット曲のMVで犯行予告していた?

2019年02月15日 16時30分

「殺しのことで頭がいっぱい」というフレーズを繰り返し歌った楽曲「Murder On My Mind」で話題を集めた注目の米若手ラッパー、YNW・メリー(本名・ジャメル・デーモンズ=19)が13日(日本時間14日)、フロリダ州の警察に出頭。友人2人を射殺したとして殺人容疑で逮捕され、米音楽業界やファンが大騒ぎだ。

 米芸能サイト「TMZ」によると、メリー容疑者は昨年10月、友人2人を殺害する目的で、すでに逮捕されている知人の男と共謀し、通り魔事件と見せかけるために、走行中の車内から被害者の男性2人を銃で狙い撃ちして殺害した疑いが持たれている。

 同サイトは、同州ミラマー警察がこれまでの捜査から知人の男が車を運転し、メリー容疑者が狙撃したと判断し、動機など詳しい経緯について2人の容疑者を取り調べる方針だと伝えた。

 メリー容疑者は出頭直前にインスタグラムを更新し「ファンやサポーターのみんなへ…分かってほしいのはオレはみんな一人ひとりのことを愛しているということ。2か月ほど前にオレは2人のブラザーを暴力により失った。だから正義が必要なんだ。うそや噂が氾濫してるけど心配ない。神はオレを守ってくれる」と書き込んでいるだけに、自首するための出頭だったかどうかは不明だ。

 メリー容疑者は新進気鋭のラッパーとして期待され、米人気ラッパー、カニエ・ウェストのニューアルバムに参加した数人の若手ラッパーの一人だった。

 事件前の昨年8月にリリースした「Murder On My Mind」のミュージックビデオ(MV)はすでに8800万回以上視聴されるなど大ヒット。MVは冒頭から銃に撃たれて血まみれの人物が映し出されるなど、まるで今回の犯行を予告するような内容になっている。

 ユーチューブで公開されているMVには逮捕後、大量のコメントが寄せられ、日本時間15日朝で約4万6000件に上っている。多くは「こいつは本当に殺人を考えてたんだ」「MVがリアル過ぎる」など、容疑者を非難する書き込みであふれた。