巨人・片岡コーチとベッキーの結婚に泣く女・カトパンの悲哀

2019年02月15日 11時00分

加藤綾子

 タレントのベッキー(34)が13日、インスタグラムで、プロ野球・巨人軍の片岡治大ファーム内野守備走塁コーチ(35)との結婚を発表し、芸能界、プロ野球界が祝福ムードに包まれた。“ゲス不倫”を乗り越え、活動再開したベッキーだっただけに、今後は仕事が増えそうだが、一方で“泣く女”がいるとも。それが今春から“フジテレビの顔”となるあの人気女子アナだという。

 ベッキーは「私事ではありますが、先日、読売巨人軍内野守備走塁コーチの片岡治大さんと結婚いたしました。これからも、感謝の気持ちを忘れず、ゆっくりと、しっかりと歩んでいきます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします」とインスタグラムにつづった。

 2人は昨年、共通の知人の紹介で知り合い、片岡コーチが10年来のベッキーファンだったことから意気投合。5月ごろから交際を始めていた。秋には2人で東京・代官山で買い物デートをする様子が、女性週刊誌に報じられていた。

 ベッキーは10日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)に出演した際、交際について「楽しくしている? 普通にデートとか行ってる?」と問われ「はい。ありがたいことに…」と笑顔で順調であることを明かしていた。

 事務所関係者によると、2人が婚姻届を提出したのは1月。関係者へのあいさつ回りが終わった段階で、まずはファンに報告すべくベッキーがインスタグラムで発表したという。なお、ベッキーは妊娠していない。

「挙式、披露宴は未定です。会見はやりません。すでに新居はありますが、片岡コーチが現在キャンプ中なので、終わり次第同居という形になると思います」(同関係者)

 一部では前日の12日にも発表する予定だったが、競泳・池江璃花子の白血病の発表があったため、この日にズレ込んだとの情報もある。いずれにせよ、すったもんだあったベッキーにしてみれば、ようやくつかんだゴールイン。幸せをかみしめていることだろう。

 一方、心中穏やかではないのでは?と余計な心配をされているのが、元フジテレビのカトパンこと加藤綾子アナウンサー(33=現フリー)だ。

 2013年10月、加藤アナが片岡コーチと全席個室の高級焼き肉店で密会デートしていたことを本紙がスクープ。目撃者によると、顔を寄せ合い、今にも唇と唇が重なりかねない超ラブラブぶりで、つかの間の逢瀬を楽しんでいたという。

「実はカトパンは肉アレルギーなんです。にもかかわらず、焼き肉デートをしていたということはそれだけ心を許していた相手に他なりません。今回、ベッキーとかつての元カレが結婚したのは、相当ショックなはずです」とはテレビ関係者。

 さらに加藤アナにとって複雑なのは、噂に上った男性たちが他にも次々と結婚していることだ。元カレの1人と取りざたされたフジの中村光宏アナも14年9月に、同期入社の生野陽子アナと結婚。さらに、スッポン鍋デートを報じられた米大リーグのダルビッシュ有(カブス)も15年に元レスリング世界女王の山本聖子さんとゴールインした。

「カトパンは意外に繊細なんです。生野アナの結婚から1か月後、当時メインキャスターを務めていた『めざましテレビ』の放送中、倒れたことがありました。フジテレビは『風邪気味だった』と発表しましたが、その時、カトパンは超激ヤセ。実は中村アナを生野アナに取られたショックで、体調を崩したというのです」(同関係者)

 加藤アナといえば、4月から古巣のフジテレビで夕方の帯ニュース番組のメインキャスターを務めることが決まったばかり。そんなタイミングでの今回の結婚発表だけに「『片岡サン、アナタもか…』と、また倒れかねません。非常に心配ですね」と同関係者はヒヤヒヤしている。

 ベッキーは人気絶頂だった16年、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音との不倫が週刊文春報道で発覚。“ゲス不倫”と大騒動になり、レギュラー番組11本、CM10社の契約などを失い、休業したが復活し、結婚にこぎつけた。

 ベッキーに負けじと、カトパンにも春が訪れるのだろうか。

関連タグ: