海老蔵が池江に送った生激励 父・団十郎の闘病姿が重なる

2019年02月14日 16時30分

熱いエールを送った市川海老蔵

 白血病との闘病に続々と応援の言葉が寄せられている競泳の池江璃花子に、歌舞伎俳優の市川海老蔵(41)も12日のブログに続き、13日には口頭で熱いエールを送った。

 池江が目指す東京五輪が行われる2020年に市川団十郎を襲名する海老蔵は13日、都内の日本外国特派員協会で会見。自身の海老蔵襲名披露興行が始まった2004年5月、父の十二代目団十郎さんが急性前骨髄球性白血病を発症。治療を行い2度入院するなどして復帰したが、9年間に及ぶ闘病の末、66歳だった13年に肺炎のため亡くなっている。

 池江の白血病公表について「ニュースを聞いてびっくりした。きっと日本中だけでなく、海外の方々も驚きと悲しみの時間だったと思う」として海老蔵はこう語った。

「父もそういう病気だった。すべての皆さんが彼女の回復を祈っているのでは。彼女の言葉にあるように、治る病気だと思う。治ることを信じて応援したい。何もできないけど。大きなショックだったと思う。あまり軽々しいことは…」

 生前の団十郎さんは骨髄移植の治療を受け、舞台に立ち続けた。11年には白血病患者を支援するNPO法人「全国骨髄バンク推進連絡協議会」の会長に就任し、全国で精力的に活動していた。

 来年の十三代目市川団十郎白猿襲名に向けて、海老蔵は「父という存在は大変大きい。父や祖父は私の中で超えられない存在。だから襲名発表と同時に“白猿”という俳名も名乗ろうと松竹さんと相談した。私の尊敬の気持ちが伝わったら良いなと思う」。

 芸能関係者は「団十郎さんは白血病が再発しても舞台に立ち、その傍らNPO法人で自身の闘病生活について語るなどして患者を励ましていた。池江さんの白血病の公表を受け、海老蔵さんが自身のブログでエールを送っていたのも、生前の団十郎さんの姿と池江さんの姿が重なったからでしょう」と話している。