辺見えみり 平成で一番投資したのは?の問いに「芸能界」と即答

2019年02月13日 14時16分

スペシャルゲストとして登場した辺見えみり(手前)

 タレントの辺見えみり(42)が13日、都内で行われたファッションイベント「FUND DRESS Collection」のスペシャルゲストとして登場した。

「FUND DRESS」とは、色彩心理学を応用し、好きなドレスを選ぶことで、自分の価値観に合った投資信託(ファンド)をマッチングできるシステム。ファッションと結びつけることで、難しそうな投資信託の敷居を低くしようというのが狙いだ。

 さっそく辺見は黒と白の線が入ったオレンジ地のドレスをチョイス。カラープロデューサーの今井志保子氏から「オレンジは向上心や行動力を表しているので、とてもアクティブになっていますね。目標に向かって前向きになっているのでは?」と指摘されると「え~、当たっている! ある仕事を自分で取りにいこうと思っていたところだったんですよ。占い師さん?」と脱帽した様子だった。

 これまで辺見は、失敗するのが怖くて株式投資をしたことがないという。それだけに「これなら楽しみながら選べますね」。

 ちなみに「平成で一番投資したこと」を問われると「芸能界」と即答。「いっぱい時間かけました」と語り「そんなもんですよ。誰かに貢いだこともないですし」と苦笑した。

 14日はバレンタインだが「誰にもあげる予定はありません」ときっぱり。「昔、料理上手に見せようと、お店で買ってきたチョコを手作りふうに仕立てて、あげたことがありますね。恋は実りませんでした。バレたんでしょうね(笑い)」と苦い思い出で締めくくった。