河北麻友子 真っ赤なドレスから美脚見せつつ恋愛指南

2019年02月12日 17時15分

河北(左)と小熊アナ

 タレント・河北麻友子(27)が12日、都内で行われた、バレンタインの時期に恋愛映画・ドラマを多数配信する動画配信大手「Netflix」のスペシャルイベントに出席。女芸人・バービー(35)とバレンタイントークに花を咲かせた。

 おすすめの恋愛作品として、まず挙げたのは自身も新シリーズでスタジオ出演者として参加したバラエティー番組「あいのり」だ。「作られた物語もいいですけど、リアルな恋愛も面白いんですよ。(彼氏と)一緒に見て会議するが楽しい。『あの言い方、ヤダよね〜』とかそういうのとかも、なんか恋が深まる気がします」

 また個人的に大好きな米人気ドラマシリーズ「ウォーキング・デッド」も推薦。「あんまり恋愛に向いてなさそうなんですけど、キャ〜キャ〜言うんですよもう。だから2人で寄り添ってキャ〜みたいな…」と恋人たちに指南し、バービーから「やり手だな、あんた」と突っ込まれた。

 生まれ育った米国では、バレンタインは男性から女性にプレゼントを渡す日らしく「高校生のときはロッカーに知らない人からバラが入ってたりはした」という。また「ダディ」と呼んでいる父親は毎年、家族にバレンタインチョコを買ってくるのが恒例だそうで、ここでもバービーはすかさず「『ダディ』って言ってんの? ホント? ウソでしょ?」とツッコミ。河北は「ホントです。“営業ダディ”じゃないです。“ほんとダディ”です!」と釈明した。

 米国ではNetflixを見ながら恋人と部屋でのんびりする「Netflix and Chill」が流行していて、そうやってバレンタインを過ごしたいそう。理想の告白のセリフはシンプルに「I Love You」で「普段からあんまり(愛情表現を)言わない方でも、バレンタインデーだからこそ言ってほしいなって思います」。

 この日の河北は、バレンタインとNetflixのロゴに合わせ、真っ赤なワンピースドレス姿。これにはファッションにうるさいバービーも「ちょっと透け感があったり、生地が面白くてすてき」とうなった。白いロングのワンピースで司会を務めたのは、元日本テレビの「おぐまん」こと小熊美香アナ(32)。久々の公の場となったが“紅白衣装対決”は色っぽすぎる河北の圧勝だった。