浅川梨奈 ベストフンドシストに笑顔「胸だけでなくお尻も認めてもらえた」

2019年02月12日 15時47分

浅川梨奈

 アイドルグループ「SUPER☆GIRLS」元メンバーの浅川梨奈(19)が12日、都内で行われた「ベストフンドシストアワード2018」授賞式(一般社団法人日本ふんどし協会主催)に出席した。

 浅川は主演映画「血まみれスケバンチェーンソーRED 前編・後編」(22日公開)で、セーラー服に白ふんどし姿を披露。美尻もあらわにチェーンソーを振り回し、ゾンビと戦う女子中学生役を熱演している。

 前作「血まみれスケバンチェーンソー」に主演した女優・内田理央(27)に続く受賞に「すごくうれしい。グラビアでは『千年に一度の童顔巨乳』というキャッチフレーズだったが、これで胸だけでなくお尻も認めてもらえた」と笑みを浮かべた。

 ふんどしの着用は今回の撮影が初めてで「不思議な感覚だった」という。「ふんどしにげたでアクションシーンをしている。4DXで楽しんで」と呼びかけた。

 14日はバレンタインデーだが、ふんどしの日でもある。浅川は「義理、本命などの文字を入れて女性から男性にふんどしを渡せば、どちらも盛り上がると思う」と一挙両得のアイデアで会場を沸かせた。