柳原可奈子 結婚で“人妻芸人枠”の競争激化

2019年02月06日 16時30分

幸せをつかんだ柳原に待っているものは

 お笑いタレントの柳原可奈子(33)が5日、MCを務めるフジテレビ系の情報番組「バイキング」で、1歳年上の一般男性と4日の大安に結婚したことを生放送中に発表した。

 柳原は「私ごとで恐縮ですが、昨日2月4日に入籍いたしました。ありがとうございます」と報告。2週間ほど前から一緒に暮らしているという。

 プロポーズについては「本当にロマンチックで、指輪をパカっとして『結婚してください』と言ってくれた」。ただ「指輪をはめたら、爪の下にしか入らなかった。サイズを直していて、3か月ぐらいしたら返ってくる」と笑わせた。

 出会いについては「お友達の紹介でご飯を食べて、2日後ぐらいにすぐデートに誘ってくれた。こんな人は珍しいと思って、その後すぐに私から、お付き合いしてくださいって言いました」と打ち明け、「芸能人の誰よりもかっこいいです」とのろけた。なお、挙式、新婚旅行は未定。相手の男性はフジテレビ社員だという。

 ここ数年、女性芸人の結婚のニュースが増えている。2017年7月には横澤夏子、12月には平野ノラ、昨年11月には「たんぽぽ」の白鳥久美子が入籍した。テレビ局関係者は「昔は結婚せず仕事一筋の女性芸人も多かったが、最近は仕事と家庭を両立するケースが多い。芸人ではないが、バラエティーで活躍している高橋真麻も結婚したばかりだし」と指摘する。

 ただ“人妻芸人”が増えることで、競争が激しくなりそうな気配もある。「結婚している女性芸人といえば、北陽の虻川美穂子、クワバタオハラのくわばたりえ、小原正子、森三中の村上知子、大島美幸などがいる。でも“人妻芸人枠”は1つの番組に1人か2人ですから。最近の結婚ラッシュで競争が激しくなりそうです」(同)

 どの世界でも生き残るのは大変だ。