安田純平氏 政府によるカタール経由の身代金支払いを改めて否定

2019年02月06日 12時49分

安田純平氏

 ジャーナリストの安田純平氏(44)が6日、ツイッターを更新し、自身の解放にあたり、身代金が支払われたとする見方を改めて否定した。

 シリアでの3年4か月の拘束後、昨年10月に解放された安田氏は、テロリストに身代金が支払われた、との情報について4日、ツイッターで一蹴した。

 金銭授受の動きにはいかなる場合でも政府による「生存証明」が必須と前置きし「ヌスラに人質にされカタールが仲介したとされるスペイン人は何度も証明取られてた。生きてるかも確認しないで金払うなんて絶対にありえない」と断言した。
 
 これを受け、ネット上では「絶対生存確認していないなんて、拘束されてる人間になぜわかるのか?」「動画の公開が生存証明」と疑問の声が上がっていた。

 また、政府ではなくカタールが身代金を支払ったとの情報もあった。

 安田氏は「ISの人質だった某国の記者と会って聞いたが、やはり1カ月に一回くらいの頻度で生存証明を取られていた」と自身の発言の正当性を主張。

「相手が本当に拘束していて、今も人質が生きているという証拠がなければ交渉を進めることも何かを渡すこともできない。他国を仲介や建て替えをするとしてもこれは同じ」とツイートし、身代金が支払われることなく解放されたとの見方を強調した。

 身代金を巡る議論は論争を呼んでいるが、一部のネットユーザーからは「日本やトルコなんかが身代金を払っていなくても、日本は解放のために尽力したというトルコや近隣の国に1億円よりはるかに高い借りを作ってしまっている」との声も上がり、安田さんの拘束によって日本が膨大な外交努力と代償を払ったとの指摘が絶えない。