NHKの「嵐活動休止」異例の連日トップ扱いに堀尾アナも驚き

2019年01月28日 09時40分

古巣の報道体制にびっくり

 NHKは28日、午前7時のニュースでアイドルグループ「嵐」の活動休止をトップで報道した。テニスの全豪オープン女子シングルスを制した大坂なおみ(21=日清食品)、大相撲初場所で初優勝した関脇玉鷲(34=片男波)などを抑え、5分にわたり、その歴史やファンの反応を伝えた。

 NHKは27日の午後7時のニュースでも同様に嵐を扱い、異例の報道態勢を取った。

 嵐は2010年から紅白歌合戦の白組司会を5年連続で務め、その後も相葉雅紀(36)、二宮和也(35)、櫻井翔(37)など個々のメンバーが大役を張った。

 長年、局への多大な貢献を果たしているグループとはいえ、他の国内外の主要ニュースを差し置いての特集に、視聴者からは「NHKが一番のニュースでやるなんて。NHKも変わった」「NHKでも嵐の事やるのはホントに異例だあ」などと驚きの反応が相次いだ。

 この日、TBS系「ビビット」に生出演した元NHKの堀尾正明アナウンサー(63)も「NHKのニュースでもトップでしたもんね。すごいですよね」と率直な感想を伝えた。

関連タグ: