坂上忍 前澤社長の心臓病男児支援で「不平等」の声に真っ向反論「何かやってから言え」

2019年01月22日 14時59分

前澤社長のツイートが物議

 22日放送のフジテレビ系「バイキング」は、ZOZOの前澤友作社長(43)が、心臓移植が必要な男児へ支援を呼びかけた話題を特集した。

 男児は日本ではドナーが見つからず、家族が米国での手術を希望。その費用は3億5000万円かかるとされ、寄付を募っていた。前澤社長は、ツイッターで協力を呼びかけた。

 しかし、一部の子供のみを救うという、この行動に対し「命の選別じゃないですか」「移植を待っている子供は沢山いる」「不平等です。賛同できない」とネット上で賛否両論が起こった。

 坂上は「なんで今回の件で否があるのか分からない。こういう活動することによって不平等って言う方いますけど(前澤社長に続いて)ほかの子たちを支援する方が出てくるかもしれない。きつい言い方しちゃうと、こういうことに関して文句言う人って、果たして『あなた何かやってるんですか?』って思っちゃう。やってから言えと」と不快感を示した。

「やり方は人それぞれ。でも、表立ってやると、売名行為だって言いだす人がいて『じゃあ、あなた何やってるんですか』って言いたくなっちゃう」と力を込めた。