市原悦子が盲腸で入院「こんな年になって盲腸になるなんて嫌だわ」

2019年01月13日 16時30分

市原悦子

 女優の市原悦子(82)が盲腸を患っていることが12日、出演するNHK総合「おやすみ日本 眠いいね!」の中で公表された。現在、都内の病院に入院している。

 市原は番組内の「眠いい昔ばなし」で語りを担当している。しかし、MCのお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹(38)から「市原さんが盲腸になってしまいまして」と明かされ、「こんな年になって盲腸になるなんて嫌だわ」とのコメントが代読された。この日の「昔ばなし」は過去に収録した未公開分が放送された。市原は「自己免疫性脊髄炎」で約1年4か月、活動を休止していたと一部で報じられ、昨年3月に「おやすみ日本」で仕事復帰した。