まだ夜の仕事続けていた坂口杏里 芸能活動本格再開はいつの日か…

2019年01月13日 16時30分

坂口さんは“お手上げ状態”かもしれない

 アーティストとして芸能界復帰を目指す元タレントの坂口杏里さん(27)が、本業としていた「夜のお仕事」を昨年末で区切りをつけるとしていたにもかかわらず、現在も出勤を続けているようだ。

 坂口さんは自身のツイッターで「指折り数えてもうすぐデリ東卒業、夜卒業!」(昨年12月18日)、「今日明日で、ラストです!」(同月29日)とツイート(原文ママ)。ところが、新春早々、当時在籍していた渋谷の風俗店のホームページの出勤情報に名を連ね、ネット上では「辞める辞める詐欺では?」との批判が相次いだ。

 坂口さんといえば2016年10月、AVデビューで注目されたが、翌年4月には知人の30代ホストから現金3万円を脅し取ろうとしたとして、警視庁新宿署に恐喝未遂容疑で逮捕された。その後もホストクラブに何度も通う様子や、多額の借金疑惑が報じられた。

 ある人物によれば「昨年末ごろ、坂口さんは仕事場で『借金が終わるから、やっと夜の仕事を辞めれるー!』と言っていたので、借金自体は完済したようです。借金の総額はいろんな噂が流れたが、実際は1000万円ほど」だという。
 それならば、なぜ今も「夜のお仕事」を続けているのかというと「夜の仕事を辞めたら、まったく収入がなくなるからではないか」とした。

 だが、この人物はこうバッサリ斬り捨てる。

「年が明けて一発目の元日のイベントを、インフルエンザにかかったということで欠席した。真偽は分からないが、ツイッターでイベント前日の31日、友達と鍋パーティーをしていたことを報告している。ファンにはドタキャンと受け取られても仕方ない」

 なかなか思うように事態を打開できない坂口さん。いったい、芸能活動を本格再開させるのはいつになるのだろうか。

関連タグ: