純烈・友井DVスキャンダルで被害者A子さんは誓約書の流出関与を否定

2019年01月12日 16時30分

会見で目を真っ赤にして涙をこらえる友井

 5人組男性歌謡グループ「純烈」の友井雄亮(38)からDVを受けていたA子さんの代理人の北村真一弁護士は11日、マスコミ各社に「お願い」というタイトルのファクスで、A子さんが置かれている状況を明かした。

「今回問題となっているDV被害に関して、平成28年に友井雄亮氏が作成した誓約書が週刊誌に掲載されておりますが、この誓約書に関しては友井雄亮氏が保管していたものが流出したものであり、誓約書の流出に関してはA子及びその関係者は全く関与しておりません」

 つまり、A子さんが「週刊文春」にリークしたわけではないということだ。

 続けて、A子さんの現在の様子について「事件の傷を癒やそうと日々平穏に暮らしていたところを、突然の週刊誌報道によって、現在、外出もできず、仕事はもちろんのこと心身の故障により日常生活にも支障を来している状態です」と説明した。