水卜アナ「スッキリ」生放送で日テレ入社試験を突破した伝説のものまねを初披露

2019年01月07日 15時02分

水卜麻美アナウンサー

 7日放送の日本テレビ系「スッキリ」で、水卜麻美アナウンサー(31)が学生時代に得意にしていたものまねを初公開した。

 就職活動を控えた女子大生からVTRで「面接官の印象に残る自己PR法は?」と質問を受け、スタジオで自身の入社試験を振り返った。

 面接時の対応について「趣味も特技も何もなくて、どうしようと思ったんですけど、盛るよりは等身大の自分のことを言ったほうがいいと思って、私は『葛西臨海公園で見たボラの顔マネが得意です』って言って、それで日テレに受かりました」と説明すると、すかさず、MCの加藤浩次(49)が「それやってもらってもいい? しっかり日テレに釣られたわけだから。一本釣りですよ」と突っ込み。

 水卜アナは「ブランク10年あるからできるかな」と言いながらも、10年ぶりの「ボラ」を披露した。

 口を曲げ、白目になりながらのインパクト抜群の「変顔」に、加藤は「オレ、意外に嫌いじゃない」と高評価。

 赤面の水卜アナは机に顔を突っ伏して恥ずかしがり「面接官は苦笑いしていました」と当時を思い返した。