アニマル乱入!ムチャな“五輪改革案”に浜口京子は困り顔

2018年12月26日 15時09分

左からアニマル浜口、浜口京子、「ジャングルポケット」の斉藤慎二と太田博久

 元プロレスラーでタレントのアニマル浜口(71)、女子レスリング五輪銅メダリストの浜口京子(40)が26日、都内で行われた東京ガスの新CM発表会に出席した。

 新CMでは、アニマルと京子がタレントの深田恭子と共演し、ダンスを披露している。

 CM撮影を振り返り、京子は「深田恭子ちゃんと同じ衣装を着て、とてもかわいいCMで憧れていた。参加できてうれしい」と語った。するとアニマルは「かわいいぞ、京子ー!」と絶叫。会場を盛り上げた。

 また、23日のレスリング全日本選手権女子57キロ級決勝では、五輪4連覇の伊調馨(34=ALSOK)が、リオ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(24=ジャパンビバレッジ)に逆転勝ちし、見事優勝。

 これに対し京子は「伊調選手はアテネ、北京、ロンドンも一緒に出場して、お友達の関係。相手の川井選手も、ジャパンビバレッジのレスリング部でお友達。試合会場で応援していて、2人がマットに立つ姿を見て…」とコメント。

 すると突然アニマルは、大声で「よし、俺が!」と切り出すと「(五輪の)日本代表を2人にすればいい! 特別枠で伊調馨さんと川井さん!」と大声で叫び、チャチャを入れ始めた。

 アニマルの乱入に京子は困り顔だったが、続けて「(試合は)感動的だった。2人とも頑張って、お互い素晴らしい試合だった。2020年も楽しみです」とコメントした。