木村太郎 花田優一の個展を評価「靴屋が絵描いちゃいけないのか?そんなことない」

2018年12月21日 16時29分

木村がエール

 元貴乃花親方の花田光司氏(46)の長男で靴職人兼タレントの花田優一(23)が21日、フジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」に生出演した。

 優一はこの日から東京・京橋で初の個展となる絵画展を開催した。本業の靴作りでは納期を巡り顧客とのトラブルも報じられているだけに、インターネット上では「先に靴作ろうや」などと批判の声も上がっている。

 しかも価格は高額だ。絵画は10代のころに描いたもので、優一本人が「大体10万円以下」と話したようにフレーム代込みで1点7万5000円で販売された。
 
 ただ、キャスターの木村太郎(80)は名もない画家の個展でも「好きだったら100万円」で売れるとし、価格については「それを他人がとやかく言うもんじゃない」と主張した。

 また、優一が靴職人と画家を兼ねることにも「靴屋が絵描いちゃいけないのか? そんなことないんでね。23歳でしょ。ある意味、マルチタレントを目指している。何か当たるまでいろんなことやっていい。ボクはそう思う」と話し、優一の背中を押した。