misono 批判覚悟でテレビ出演のワケ

2018年12月19日 11時33分

misono

 歌手のmisono(34)が19日、フジテレビ系「ノンストップ!」にVTR出演し、夫でドラマーのNosuke(29)について語った。

 Nosukeは16日にブログで精巣がんを患い、左睾丸の摘出手術を受けたことを公表した。現在は胚細胞腫瘍と闘っている。2人は去年7月に結婚式を挙げてからわずか1年で、大きな壁にぶつかった。

 misonoは夫の初期の症状について「どんどん痩せてきて、どんどん食欲もなくなって」と告白。激やせのNosukeが、自身の写真を自ら加工していたことを明かした。

 また、病気発覚の1か月前から別居しており「後悔と言ったら全部後悔。misonoのストレスのせいかなと思って」と自身を責める場面もあった。

 一方、今回のテレビ出演を巡っては当初、ためらいもあったという。

「ただでさえ、炎上クイーンとかお騒がせタレントって言われる中、自分の言葉にはそれこそ勘違いされやすいし、誤解もされやすいので、自分は出ないほうがいいんじゃないかって」

 実際、病気の公表についても「売名行為」などと心ない言葉をかけられたという。

 しかし、misonoは出演を決断。

「妻として会ってお話をすることによって1人でも多くの人に知ってもらえたり、そしてこの映像を見てNosukeのブログが読まれるんだったら、自分が何をどう、誰から言われてもいいかなって思えた」と覚悟を決めた理由を吐き出した。